女性エンジニアの働き方の傾向

IT系の現場では男性比率が高い傾向がある状況は続いているが、女性エンジニアも着実に増えてきている。その影響として大きいのが正社員で働く以外にも働き方の自由度が生まれてきたことである。ライフイベントがあっても働き続ける方法を選べるようになったのが女性エンジニアの増加を後押ししている。男性エンジニアとは働き方の傾向に異なる特徴があるのが女性エンジニアであり、正社員として働き続けるよりもフリーランスをする道を選ぶ傾向が強い。
大学などを卒業して社会に出るときには企業で正社員として雇ってもらうことが多いものの、数年間の勤務を経て辞職して独立する道を選ぶようになっているのである。このタイミングは結婚や妊娠であることが多く、ライフイベントに合わせて働きやすい道としてフリーランスが選ばれている。
時間的な自由を獲得できるのはフリーランスで働くメリットであり、正社員としてIT系の企業で働いてきた場合には現場経験を生かして仕事の請け負えるようになっていることが多い。
エージェントを利用することで女性が活躍しやすい仕事を斡旋してもらうこともでき、家庭生活の事情に応じて可能な範囲で働ける案件を絞り込んでもらうこともできる。
このようなメリットに着目してエンジニアとしてのキャリアを予め作っておき、ライフイベントによって正社員勤務が難しくなったらフリーランスを始めて家庭生活と仕事を両立させようと考える女性が増えてきているのである。