成果が正当に評価されるIT業界

“IT業界は転職先の業界としてしばしば着目されるが、これはただトレンドの業界になっていることだけが理由ではない。IT業界は欧米の影響を受けて成果主義を取り入れている傾向が強く、仕事をして成果を上げられた場合にはそれを正当に評価してくれるシステムができている。そのため、努力をして成果を上げれば、その成果に見合った対価をもらえるという魅力があるのがIT業界なのである。
努力をして形にできれば報われるというシステムがあるのはIT業界のメリットであり、それをモチベーションとでいる点に着目して働く業界として選んでいるケースは多い。
正社員であれば成果を上げると個人の成果としてもチームの成果としても評価してもらうことができる。その成果に対して臨時賞与を与えられる場合もあるが、個人の評価として捉えてもらえた場合には昇給や昇進という形で待遇が大幅に向上することもある。
一方、IT業界ではフリーランスで働く人も増えているが、この場合にも成果を正当に評価してもらえるシステムができている。優れた成果物を納品できればそれに見合った報酬が与えられ、業務委託を受けて現場で働いている場合に大きな貢献をすれば追加報酬が与えられるのである。
また、報酬額を上乗せして契約継続をするという形で評価をされることも多い。このように正社員として働いてもフリーランスをしても努力を形にすることで対価がもらえるため、モチベーションが上がりやすい魅力がある業界なのである。”