正社員とフリーランスの間で転職する方法

IT業界では比較的転職を受け入れる傾向が強く、能力や経験がある人材の場合には容易に転職先を見つけられることが多い。しかし、転職によってより良い待遇が受けられるとは限らず、やりたい仕事に従事しながら収入なども向上させるのは簡単ではない。
IT系の職種では独立してフリーランスで働くという道を選ぶこともあり、転職によって自分の望む形で働ける方法を探す際の候補の一つとなっている。正社員からフリーランスへの転職や、フリーランスから正社員への転職というキャリアパスもよく選ばれているものである。
正社員からフリーランスに転職するのには特に難しい手続きがあるわけではなく、退職して個人事業主として登録をすれば良い。その後に仕事をするためのスキルが必要になるのは確かであり、十分に独力で働ける経験も必要になる。
一方、フリーランスから正社員への転職は単純ではない。IT関係の人材は不足していることから中途採用での募集枠も多数あるものの、望むような待遇でやりたい仕事に携われる求人を見つけ出すのは難しいのである。フリーランスで多様な経験を積んで成果を上げてきた場合には、それに見合った待遇で採用してもらいたいと考える傾向が強い。
その実現が難しかった時代もあるが、エージェントの利用ができるようになってからは望む待遇での転職がしやすくなった。経歴に応じて待遇面の交渉も行ってくれることから、フリーランスからの転職では特にエージェントを利用して求人を探す人が多くなっている。
フリーランスと転職のどちらにしても、サポートしてくれる心強い味方がいるのといないのとではわけが違う。転職サイトやエージェントをいかに活用するかが、今後のエンジニア人生を左右すると言っても過言ではない。今後、独立や転職を考えているという方は、転職サイトとエージェント活用のコツの他、役立つ情報が記載されているサイト(IT系なら転職サイトの活用を)に目を通しておくといいだろう。